瑠璃色の手帳

沼の深さを日々実感しています。

#ジャニヲタセブンルール

素敵な記事を読んだので、私も自分のルールを考えてみようと思います!

moarh.hatenablog.jp

 

Twitterをやらない

公式の情報だけでも今のところヲタ活に困ったことがないから。

逆に見たくない情報からの自衛の意味もある。

自担の萌えはブログで語るか伊野尾ファンの母と共有する。

 

 

②録画の編集は1週間以内

ズボラな私は期限を決めておかないと録画が貯まる一方。

大型音楽特番前に焦らないように日頃から気を付けている。

 

 

③チケットが当たらなかったら諦める

コンサートは楽しい。行きたい。

でも、自分の名義で当たらなかったらご縁がなかったと思って潔く諦める。

絶対に転売チケットに手を出さない。

皆さんのコンサートレポを楽しく読んで妄想する。

 

 

④ライブに行くときは自担カラーを身につける

ライブ、イベント、握手会など、自担に会いに行くときは自担カラーを身につける。これは℃-uteヲタの時から気を付けていること。

伊野尾くんを応援しはじめてからはライブでしか自担カラーを身につける機会はないが、舞台や番協に行く日が来たら、もちろん身につけると思う。

メンバーカラーは現場スイッチ!

ただ、1色コーデはしない。さりげない主張をするのがポイント。

 

 

⑤無理しない

身の丈にあった応援をすること。

金銭面、精神面、全てにおいて無理は禁物。

全部買う、行くことが全てではないし、録画を忘れることも絶対にある。

一喜一憂してギスギスした気持ちになるなんて本末転倒。

やっぱり楽しくヲタライフを送れなければ意味がない。

 

 

⑥アイドルの姿を全力で楽しむ

我々が見ることが出来るのは、歌って踊る姿、バラエティなどで話す姿、ラジオの声、雑誌のインタビューなど、アイドルとしての彼らの姿。

近況を話してくれることもあるけれど、プライベートを深く詮索してはいけない。

与えられるキラキラしたところを見て、可愛い!カッコイイ!好き!を全力で楽しみたい。

 

 

⑦義務感で投資しない

義務感で投資するということは、買いたいという気持ちより買わなければならないという気持ちが勝っているということ。

純粋に楽しめてない証拠。

本当に楽しい、好きだと思えるものに投資すべきだと思うから、義務感を感じるようになったらヲタクを辞める。

 

 

ゆるく楽しくヲタライフを送っていきたいです!

22時のお知らせ

昨日届いたメール。

 

『22時にHey!Say!JUMPからお知らせ』

 

ついに公式の発表か・・・

電車に揺られながらそわそわ。

 

ハロプロを長いこと応援してきた私としては、事務所から発信される『大切なお知らせ』というのはだいたい悲しいお知らせだと思っているので、最悪のパターンは予想した。

 

22時ピッタリにアクセスしようとする。

まー繋がらない。みんな、すぐ確認したいよね。

 

結局すぐに確認するのは諦めて、帰宅してから再挑戦。

Hey!Say!JUMPからのお知らせを聞いた。

 

結果としてはJUMPに戻ってくることを前提とした留学をするとのこと。

 

脱退ではないことに安堵した。でも同時に、そんなのは建前で戻ってこなかったら?ということも考える。活動休止からの脱退って、ないとは言えないから。

 

圭人くんは、何か自分の強みを見つけたいから、あえてそういう道を選んだのだろう。もちろん行くなら頑張ってほしい。

でも、大学中退してるわけだし、また同じことにならないか?と思ってしまったりもするわけで。

 

山田くんの浮かない表情も見てて苦しかったな・・・

 

まぁ、あーだこーだ言っても決まったことは決まったことなので、圭人くんが頑張って一回りも二回りも成長してJUMPに戻ってくることを願うのみです。

 

 背水の陣だと思って挑んでほしいです。

むににの日 2018

1日遅れちゃったけど、書きます。

 

伊野尾くん誕生日おめでとう!

 

伊野尾くんって素敵だなぁって日々思ってるから、改めて言えることって何だろう。

 

うーん。

 

私が伊野尾くんのどこが好きかなーって考えた時にパッと思い浮かんだのは、ぶれないところかな。

 

伊野尾くんはいつでもぶれない。

まっすぐな芯を持ってるなって思う。

そういうところが信頼出来るし、今日も伊野尾は伊野尾だなって安心できる。

 

それがありのままの伊野尾慧なのか?と言われれば真意はわからないけれど、アイドル伊野尾慧として見せる姿はいつだってぶれないし100%だと思う。

 

ぶれない姿勢を貫くのは難しい。

故に、ぶれない姿勢を貫く貴方を尊敬しています。

 

28歳の伊野尾くんが、一段と輝けますように!

DVD予約の乱

昼休み、何気なくメールを開く。

 

\Hey!Say!JUMPDVD発売!/

 

ドーン!( ; ゜Д゜)

 

マジか!でも待て、この時間だと情報に反応するには遅いな!?(14:30頃)

こういうのってやっぱりスピード勝負じゃないですか。みんなよくわからないけど高速で予約しますよね!?

 

案の定、タワレコ×、HMV×。

 

うむ。想定の範囲内だが、次の手はどうする?

 

近所のCDショップに電話かな~多分今までの経験上いける気がする。

と思い、電話番号を調べていたところ、新たなメールを受信。

 

セブンネット!3形態セット!

買います!買わせてください!

(仕事終わって確認したらもう販売終了なのかな?項目自体がなかった)

 

高速でもろもろ打ち込み、無事に注文完了~

 

今日の仕事終了だわ(今日21:00までだからまだまだやで)

 

 DVDで初回盤×2+通常盤ってどういうこっちゃと思ったけど、特典見て納得。楽しみ過ぎる。何はともあれ、無事に注文出来てよかったー。

 

JUMPing CARnivalのカウコンが何度も見られるようになるなんて夢のようだな(о´∀`о)

 

お母さんにいい報告が出来るぞ。

 

楽しみがまた1つ増えたなー。

魅惑の銀髪

銀髪。

 

なんとなーく金髪よりレアな感じがする銀髪。

 

というかあんまり見たことないから、どんな感じか想像出来ない銀髪。

 

そんな銀髪に自担がなったって聞いたらめっちゃ驚きますよね?

 

私はめっちゃ驚きました!

 

噂を耳にしたときからあれこれ妄想するものの、全然ピンとこなかった。

 

どーして銀髪?保守的な伊野尾くんがプライベートで銀髪にするとは思えない・・・新しいお仕事?

 

と思っていたらやはり新しいお仕事でした!

 

トーキョーエイリアンブラザーズの主演おめでとうございます\(^^)/

 

個人的に、とっつーも気になる存在なので、共演嬉しいです。

 

前に、あの幻の金髪見たときはあんまり金髪似合わないなって思ったけど、今度の銀髪は似合う気がする!天使か!

早く動く銀髪伊野尾を見たいです。

 

主演のお知らせをキャッチし、早速、喜び勇んで本屋に原作を買いに行きましたー。漫画買うのはいつぶりかな?あ、孤食ロボットぶりだな。

本屋の検索マシーンに引っ掛からないから在庫ないのかと思ったら、店員のお姉さんが場所を教えてくれました!感謝です!

 

まだ1巻しか目を通してませんが、なんとなく、どことなく、冬ノ介くんと伊野尾くんって似てるような気がする。

 

伊野尾くんに演じてほしいって思ってキャスティングしてもらえたなら嬉しいな。

 

7月が待ち遠しい!

坂道のアポロン

知念くんがこの映画に出るって情報が出てから、公開されるのをずーっと待ってました!

 

原作を読んだことはないし、アニメも見たことありません。ただ、知念くんがピアノを弾くっていうのが楽しみでした。

 

あんまり内容を詳細に話すことはないと思いますが、ネタバレ厳禁!という方は一応ココでバックしてくださいね。

 

 

 

 

 

この映画を見て一番良かったなぁと思ったのは、やっぱり演奏シーン!

手元吹き替えなしというのは驚きです。

 

クラシックと違ってジャズは独特のリズム感なんですよ。スウィングさせるって言うんですかね。楽譜通りに弾くだけだとなんだかのっぺりしがちなんです。もっと音を跳ねさせる意識をしないと、なんか違うって仕上がりになるんですよね。

 

レコード店の地下でウッドベースから始まり、トランペット、ドラムと音が増え、ピアノが飛び込む。そして新たなハーモニーが生まれる。薫くんは、純粋に新鮮な面白さを感じたと思う。一人で楽譜を追ってピアノを弾いてるだけでは味わえないことだから。

 

文化祭の二人のセッションは、とにかく熱かった。音楽で会話してるー!って感じがした。『アイコンタクトの場所は決まってるけど、それ以外のところでお互い目が合うのが気持ち良かった』ってインタビューかなんかで言ってた気がするけど、そういうのって、譜面通りに出来ればとか、段取り通りにやれればってレベルを超越しないと出来ないんです。自然に体が動いて、薫と千太郎になっていたからこそ、熱さが伝わってきたんです。

あー、あの場所にいたのは間違いなく薫と千太郎だった!

 

最初は反発してたけど、お互い惹かれあい、一生ものの友情を育む。まさに青春ですよね。

 

あまり恋の要素は多くなく、恋は青春のスパイスという感じかなと思いました。あまあまな胸キュン映画ではないですね。でも、そういう感じが、各々の青春時代を思い返すきっかけになったり、あんな青春時代送りたかったなって思わせる要素になるのかなって思いました。

 

ひとつだけ残念なところをあげるなら、ストーリーを詰め込みすぎな感じがしたことろ。

どうしてそうなるの?急すぎてよくわからない!というところが何ヵ所かありました。私の理解力不足でしょうか・・・。映画の2時間くらいにおさめるのは難しいと思うけれど、なんだか消化不良な感じがもったいなかったです。

 

でも、やっぱり演奏シーンは素晴らしいです。経験ゼロからここまで仕上げてきた知念くんはやっぱりすごい!と思います!!

 

アイドル映画でしょ?と思ってる人も、セッションを劇場で体感してほしいなと思います。

 

セッション聴きたくてまた映画見に行っちゃいそうだな~。

1日1更新

伊野尾くんが1月31日にいのぺを更新し、次はまた来月末ね~と思っていたら、まさかの今日まで皆勤賞!

 

ん?

 

どうした??

 

嬉しいけど、どーした???

 

ブリ美味しそうだね。

私も食べたいなぁ。

伊野尾くん雪好きだよねー。

また雪が降ったらいいね(^^)

今度は雪だるまとか作っちゃう?

伊野尾くんも遅くまでお疲れ様。

 

届くはずもないのに心の中でマジレスする日々(笑)

 

伊野尾くんを見習って1ヵ月1更新を目指していたら、今月の伊野尾くんは1日1更新。

 

すごいなぁ。

短くても毎日更新するってすごいことだよ。

 

いつまで連続更新が続くかわからないけど、明日も楽しみにしてるよ(о´∀`о)