瑠璃色の手帳

沼の深さを日々実感しています。

2019


f:id:tirol06:20190105232148j:image

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします(*´∀`)♪

 

三が日も終わり、ゆるゆるな生活から元に戻らないといけませんね・・・。

私の三が日は、お雑煮、箱根駅伝、U.S.A.でした~!紅白のU.S.A.を鬼のようにリピートしてましたね。

 

さて、新年一発目のブログなので、お題をやりたいと思います。

 

 

今週のお題「2019年の抱負」

 

1   ブログの更新頻度を上げる

 

自分の考えを残したいと思って始めたはずなのに、昨年は全然更新出来なかった。

今年は、JUMPやハロプロなどのヲタ活日記に限らず、色々書いていけたらいいなと思います。

 

2   小さないいことをたくさん見つける

 

最近些細なことでカリカリしがちなんです。すぐに気持ちも落ち込むし。休日も家でゴロゴロするばかり・・・。良くない。もっと神経質過ぎず生きたい。

性格を変えるのは無理だけど、気分を入れ換えられるようなことを見つけたい。

小さないいことに反応出来る心の余裕が欲しいです。

 

3   旅行に行く

 

遠征も含め、複数回県外に行きたい。

もともと一人旅は大好きなので、フットワーク軽くどこかに行けたらいいな。

 

4   積極的に人と会う

 

連絡待ちしがちですが、黙ってても始まらない。今年は自分から連絡をとって色々な人と会える一年にしたい。

婚活もしたい。

 

5   楽しいヲタライフを送る

根を詰めすぎず、ゆるく楽しいヲタライフが目標!今年もコンサートに行けますようにコンサートに行けますようにコンサートに行けますように!

 

2019年も楽しい一年になりますように(о´∀`о)

ブログ納め2018

なんだかんだ4カ月ほど放置してました。

書くことがなかったわけではないけれど、元気が足りませんでした!

 

さて、でも今日で2018年も終わり。

ブログ納めをして新年を迎えたいと思います。

 

今年は、昨年の℃-uteちゃんの解散の影響もあり、現場が激減。ヲタ仲間からもヲタ卒したのかと勘違いされましたが・・・。安心してください。ヲタ卒してません。

 

まぁ、℃-ute以外のハロプロのグループがいまいち刺さらないこともあり、℃-uteを越える推しグループには出会えてません。こればっかりはフィーリングなので、その時が来るのを待つしかないですね。

 

永遠の推し矢島舞美さんの写真集が発売されたので、久々の握手会にとてもテンションが上がりました。ソロコンも楽しかったです!

 

来年のバースデーイベントに参加出来ないのが確定してるので早くもブルーな気持ちですが、来年もワクワクするイベントがあることを願っています。

 

JUMPに関しては、アリーナとドームに参加することが出来ました。

 

ガツガツ踊るJUMPのカッコよさにノックアウトされました。今までのJUMPのライブツアーの中で一番好みの演出でした。

 

ドームは天空席の中の天空席。

そう、最上段からJUMPを眺めましたが、想像以上に眺めが良く、思ったより快適にライブを楽しむことが出来ました!

 

ファンサ命!みたいな子からしたら当然論外だと思いますが、個人的には後ろを気にしなくていいし、キラキラの照明を堪能出来るし、ペンライトの演出もキレイで感動しました。

 

双眼鏡すら覗かなかったな~。

 

天空席だとわかった瞬間はガッカリしたけど、めちゃめちゃハッピーに過ごせました(о´∀`о)

 

どこの席でも楽しめるライブっていいよね!

 

早くもライブDVDが欲しいです。発売楽しみにしています。

 

今年も残すところ数時間。

 

昨年に続き二度目の紅白歌合戦

毎年恒例ジャニーズのカウコン!

 

と、まだまだ楽しみ盛りだくさん♪

たくさん楽しんで、2018年を締め括りましょう(*´∀`)♪

SENSE or LOVE駆け足感想

ようやく2周くらいしましたので、駆け足で感想あげたいと思います。
仕事が忙しすぎて全然ブログが書けない。

でも駆け足で感想書かないとライブが始まっちゃう(>_<)

シングル曲は割愛して、アルバム新録曲のみいきます!

★BANGER NIGHT
White Loveの後にガツンと殴り込んでくるアグレッシブな曲。11年目のJUMPはダンスを魅せていくという決意が感じられる。
今回のアルバムのコンセプトを明確に示してくれていると思う。

★Dance The Night Away
キラキラ輝くミラーボールの下で踊っているイメージ。カラフルなスポットライトに照らされたダンスホールで踊ってるのが見えるぞ・・・!(え?)
間奏はソロダンスとかしてほしい。

★女王蜂
タイトルが発表された時に一番気になっていた曲。
女性目線の歌詞が新鮮。オシャレな曲調にうっとり。
Dance The Night Awayとはうってかわって少し薄暗いステージで、生演奏の横でパフォーマンスしてるイメージ。
私はかなり好き。

★One & One Makes Two
爽やかな夏ソング。曲中で何度もでてくるOne & One Makes Twoが耳に残るね。
太陽照りつける夏を感じる歌詞なのに清涼感あふれるところが今聴くのにピッタリ!

★TO THE GALAXY
宇宙を感じる。
サビのメロディの動きがフワフワ浮遊してるみたいで、どことなく無重力感。歌詞にも随所に宇宙が散りばめられている。
キラキラする衣装がいいな。ラメラメした感じ。それで、レーザービームの中で歌っている感じ。

★Jealous guy
控えめで落ち着いた曲かと思いきや、サビに向かって4つ打ちになるところが上がる。寄せては返す波のようにゆらぐリズムが気持ちいい。
今までにないジャンルの曲かなーと思う。大人っぽい。

★またこの場所で
この曲は暖かいオレンジ色のイメージ。心がポカポカします。歌詞の一言一言がしみてくる。
明日も笑えますように。

★最後のラブソング
前の曲の余韻に浸る間もなく響き渡るラテンのリズム。
曲のタイトルから勝手にしっとり系を想像していたけど全然違った。驚き度ナンバーワン。一瞬で世界を変える。
やたら音楽用語が出てくるのが気になる。
情熱的なのに哀愁感じる絶妙な曲調。
何だかんだ言ったけど、こういう曲調大好物です。
歌詞の物語に思いをはせてます。

FLASH
90年代のアニソン感ありません?曲調かな?
疾走感あふれる・・・アニソン・・・。ダメだ。アニソンにしか聴こえない。

★Swinging days
真紅の幕がかかったステージでショーするんだ。
ミュージカルっぽい?
オレンジの太陽はやっぱり大ちゃんだよねー・・・あれ?
信号は緑
オレンジの太陽
透き通る水
赤く灯る

若葉
Purple eyes
黄色い声
青少年
まだまだ9色の続きが見たいよー。これはメッセージかな?

★City Wander
アメリカっぽい感じ。洋楽詳しくないけど。
ゴスペル調な部分があるのもそうやって感じる要素かな。

★We Believe
FLASHより最近っぽい雰囲気。イマドキな感じ?
印象が薄いのでまた聴き直さなければ。

★OLE!
盛り上げ系応援ソング。
頑張れ!頑張れ!と言われてるわけじゃないけど頑張る勇気がわいてきそうな曲。

★Journey
アルバムのラストを飾る壮大な一曲。
サバンナの真ん中で歌っている感じ?とにかく大自然を感じる解放感。
まだJUMPは歩みを止めない。新しい時代も駆け抜けていっておくれ。

★Virtual Butterfly
7ちゃんの曲はカッコいい。ちゃん付けで呼ぶのがおこがましいくらい。元々はもっとテンポが速い曲だったのか~。これくらいのテンポの方が踊るのに良さそう。
3人のパフォーマンスが気になります。

★スンダDance
今回もきっちり「ス」始まりのBEST兄さん。素敵です。
ユーロビート!ギャー懐かしい!このピコピコ感とアゲアゲ感がたまらんですね。
サビの変拍子がクセになる。
ライブ本番はもっとぶち上げて歌うんですかね?パラパラ踊るのかな?楽しみ~。

駆け足でここまで来ましたが、ソロはまだ聴けてないので、ライブ参戦までに1周はしたいと思います。

ダンスを魅せるライブが楽しみです。

薄いレポですが最後まで読んでくださった方がいたら幸いです。

それでは、これからソロDiscの旅に行ってきます
(*`・ω・)ゞ

JUMPで吹奏楽(妄想)

吹奏楽部員の皆さん!熱い夏を過ごしていますか?

 

吹奏楽部の私にとって、この時期は太陽よりも熱い季節です。今でも日程が合えば大会を聴きに行ったり、課題曲をチェックしたり、吹奏楽には興味津々です。

 

あー。夏のコンクールシーズン始まるなぁ。

 

JUMPで吹奏楽組んだらどんな編成になるかな。

 

妄想してみよう。(唐突)

 

と、いうわけで、今回母と共にJUMP吹奏楽団を妄想しました。

 

あくまでも妄想なので、妄想聞いてやるよって方は聞いてください。

 

さて、大編成だと50人程にもなる吹奏楽ですが、JUMPは全部で9人。9人は小編成の中でも小編成。極小編成なので、各パートをバランスよく配置する必要がありますね。

 

Saxophone

サックスはやっぱり山田くんがいいなぁ。経験者というのもあるけど、やっぱり華があるから。トランペットも華があるけれど、山田くんはサックスっぽい気がします。

山田くんがサックスを吹けるっていうのを知らなかったとしてもサックス吹いてほしいな~って思ったと思う。

 

Trumpet

吹奏楽の花形といえば、言わずもがなトランペット!そんなトランペットは大ちゃんにやってほしい。明るくて真っ直ぐな感じが似合いそう。スパーンといい音響かせてほしいな~。

サックスとトランペットで『俺が一番だ!』ってバチバチしてほしいっていうちょっとした願望もある(←どんな願望だ)

 

Flute

フルートは知念ちゃんかな。

願わくばピッコロも吹いてほしい。知念ちゃんがフルート持ってたら最強に似合うと思うんですがいかがでしょうか!?

 

Trombone

トロンボーンは薮ちゃんがいいな。

長身でスマートな薮ちゃんが華麗なスライド捌きでトロンボーン吹いてたら惚れる。

 一番遠いポジションも楽に届きそうで羨ましい。

 

Horn

伊野尾くんはホルンっぽいと母が申しておりました。ユーフォニウムもいいなぁと思ったけど、バランス考えるとホルンがほしいかな?と思い、ホルンに。ギネスに載るくらい難しい楽器だけどファイト!

でも、みんなを包み込むような豊かなメロディを奏でるユーフォニウムの伊野尾くんも捨てがたいんだよね~。あと、伊野尾くんがユーフォニウム抱き抱えるように持ってたら可愛くないですか?私はユーフォニウムの伊野尾さん推し!

 

Clarinet

クラリネットは光くんを任命したい。明確にこれだ!って理由はないんだけど、直感で。

ストイックにロングトーンを極めそう。

 

Tube

チューバは圭人くんかな。

安定感ある低音で支えてほしい!

がっしりした体格なので、チューバも軽々運んでくれそう。

 

Percussion

高木くんに打楽器を任せよう!

 思い付いたところから埋めていったら打楽器が余ってしまった。私は中島くんにバシッとリズムをきめてほしいと思ってたんだけど、母の熱意でコントラバスに任命したので・・・。

 

Contrabass

母がどうしても中島くんはコントラバスがいいと言って譲らないので、コントラバスをお願いしたい。

絶対に似合うからやってほしいそうな。

うーん。でもやっぱり高木くんと中島くんは逆のほうが私はしっくりくるから悩む。

 

そんなこんな妄想してたら圭人くんがアメリカに留学してしまうので、低音を2にしたのは結果オーライ?って感じになってます。

 

じゃあ・・・私はオーボエと打楽器をやっていたので、コンバートするよ!スネアもグロッケンもシンバルもドンとこいだよ!(とか言いながらブランク長すぎて不安)

↑誰も聞いてない

 

案外即決でさくさく決めていきました。納得いってないところもあるけど・・・

 

まだまだコンクールの期間は続きますが、皆さま素敵な青春を過ごしてくださいね!

 

そういえば吹奏楽といえば、嵐の新曲『夏疾風』の高校野球盤にブラバンvar.が入ってますね。気になりすぎて買いました。

 

そちらに関しても書けたらいいなぁと思います(*^^*)

#ジャニヲタセブンルール

素敵な記事を読んだので、私も自分のルールを考えてみようと思います!

moarh.hatenablog.jp

 

Twitterをやらない

公式の情報だけでも今のところヲタ活に困ったことがないから。

逆に見たくない情報からの自衛の意味もある。

自担の萌えはブログで語るか伊野尾ファンの母と共有する。

 

 

②録画の編集は1週間以内

ズボラな私は期限を決めておかないと録画が貯まる一方。

大型音楽特番前に焦らないように日頃から気を付けている。

 

 

③チケットが当たらなかったら諦める

コンサートは楽しい。行きたい。

でも、自分の名義で当たらなかったらご縁がなかったと思って潔く諦める。

絶対に転売チケットに手を出さない。

皆さんのコンサートレポを楽しく読んで妄想する。

 

 

④ライブに行くときは自担カラーを身につける

ライブ、イベント、握手会など、自担に会いに行くときは自担カラーを身につける。これは℃-uteヲタの時から気を付けていること。

伊野尾くんを応援しはじめてからはライブでしか自担カラーを身につける機会はないが、舞台や番協に行く日が来たら、もちろん身につけると思う。

メンバーカラーは現場スイッチ!

ただ、1色コーデはしない。さりげない主張をするのがポイント。

 

 

⑤無理しない

身の丈にあった応援をすること。

金銭面、精神面、全てにおいて無理は禁物。

全部買う、行くことが全てではないし、録画を忘れることも絶対にある。

一喜一憂してギスギスした気持ちになるなんて本末転倒。

やっぱり楽しくヲタライフを送れなければ意味がない。

 

 

⑥アイドルの姿を全力で楽しむ

我々が見ることが出来るのは、歌って踊る姿、バラエティなどで話す姿、ラジオの声、雑誌のインタビューなど、アイドルとしての彼らの姿。

近況を話してくれることもあるけれど、プライベートを深く詮索してはいけない。

与えられるキラキラしたところを見て、可愛い!カッコイイ!好き!を全力で楽しみたい。

 

 

⑦義務感で投資しない

義務感で投資するということは、買いたいという気持ちより買わなければならないという気持ちが勝っているということ。

純粋に楽しめてない証拠。

本当に楽しい、好きだと思えるものに投資すべきだと思うから、義務感を感じるようになったらヲタクを辞める。

 

 

ゆるく楽しくヲタライフを送っていきたいです!

22時のお知らせ

昨日届いたメール。

 

『22時にHey!Say!JUMPからお知らせ』

 

ついに公式の発表か・・・

電車に揺られながらそわそわ。

 

ハロプロを長いこと応援してきた私としては、事務所から発信される『大切なお知らせ』というのはだいたい悲しいお知らせだと思っているので、最悪のパターンは予想した。

 

22時ピッタリにアクセスしようとする。

まー繋がらない。みんな、すぐ確認したいよね。

 

結局すぐに確認するのは諦めて、帰宅してから再挑戦。

Hey!Say!JUMPからのお知らせを聞いた。

 

結果としてはJUMPに戻ってくることを前提とした留学をするとのこと。

 

脱退ではないことに安堵した。でも同時に、そんなのは建前で戻ってこなかったら?ということも考える。活動休止からの脱退って、ないとは言えないから。

 

圭人くんは、何か自分の強みを見つけたいから、あえてそういう道を選んだのだろう。もちろん行くなら頑張ってほしい。

でも、大学中退してるわけだし、また同じことにならないか?と思ってしまったりもするわけで。

 

山田くんの浮かない表情も見てて苦しかったな・・・

 

まぁ、あーだこーだ言っても決まったことは決まったことなので、圭人くんが頑張って一回りも二回りも成長してJUMPに戻ってくることを願うのみです。

 

 背水の陣だと思って挑んでほしいです。

むににの日 2018

1日遅れちゃったけど、書きます。

 

伊野尾くん誕生日おめでとう!

 

伊野尾くんって素敵だなぁって日々思ってるから、改めて言えることって何だろう。

 

うーん。

 

私が伊野尾くんのどこが好きかなーって考えた時にパッと思い浮かんだのは、ぶれないところかな。

 

伊野尾くんはいつでもぶれない。

まっすぐな芯を持ってるなって思う。

そういうところが信頼出来るし、今日も伊野尾は伊野尾だなって安心できる。

 

それがありのままの伊野尾慧なのか?と言われれば真意はわからないけれど、アイドル伊野尾慧として見せる姿はいつだってぶれないし100%だと思う。

 

ぶれない姿勢を貫くのは難しい。

故に、ぶれない姿勢を貫く貴方を尊敬しています。

 

28歳の伊野尾くんが、一段と輝けますように!